北野武の妻が落語家と浮気した!妻の画像は?嫁が公認の浮気を続けるビートたけし

Pocket

北野武と言えばコメンテーター、ご意見番、何より映画監督としての異彩を放つことで注目されている、今や大御所的な存在。

が、元々はコメディアンであり、ビートたけしの芸名でテレビに出ずっぱりでお茶の間を沸かした、おちゃらけた間抜けなおっさんという感じの人でもあります。

明石家さんまが東京へ出てきて売り初めの頃など、さんまと一緒に番組の中で大騒ぎしていました。

事故をきっかけに大きく変わってしまった彼のキャラクターですが、浮気が絶えず愛人が切れないのは一貫して変わらないようです。

北野武は一度も離婚の経験がありません。

家に帰らない、「おねえちゃん」は絶えない、それが昔からキャラの一つだったのです。

そんな北野武の妻のこと、現在、報道されて話題になっている愛人の事を調べてみました。

北野武の妻は誰?どんな人?高知出身って本当?

<写真は昔の幹子夫人と長女の井子>

北野武の妻は北野幹子(幹子)夫人。

スポンサードリンク

実家は大阪の寺ですが、母方の実家が高知県で、祖父が社会運動家で有名な方だったためか、高知出身の芸能人として名前が上がることもあるようです。

幹子さん自身は高校、大学と大阪で、出身地は大阪となります。

大学在学中に漫才コンビを組み、デビューしています。

その後、東京へ出て来て内海桂子好江師匠の門下となっています。

テレビ番組アシスタントを務めていた時にビートたけし(当時はまだツービートのビートたけしだった)と知り合い、同棲。

事実婚状態で、ビートたけしがまだ売れる前に同棲を始めています。

その状況下で家計を支えたのは、奥さん幹子さんのアルバイトであり、その中で子供を出産しています。

長女北野井子が生まれたのが1982年。

翌年1983年に入籍。

子供が生まれても入籍には時間がかかっているのもたけしらしいですね。

漫才ブームが起こって大忙しになった頃の子供ですので、家にも既に帰らないようになっていたのかも知れません。(ビートたけしは昔っから家に帰らないことをネタにしてました)

北野武が妻に浮気された!?噂の真相は・・

ビートたけしの妻なんて、すごくしっかりしてて気が強いおかんで、家庭第一でしっかり家を守ってるというイメージがある人ですが・・。

本当でした!本当に浮気してしまったようです。

お相手は5代目笑福亭枝鶴さん。(現在、失踪後引退し、行方不明)

この方の名前と妻の浮気をネタに、笑福亭鶴瓶相手にビートたけしが「テメーコノヤローおれのカミさん返せ!」と怒ってみせるというネタもあったほど、特に否定もしていません。

元々漫才師でもあったたけしの嫁は昔からの付き合いがあった為、たけしの浮気などの相談に乗ってもらっていた中でのこと。

奥さんは、そのまま相手のところへ行ってしまっていたんです。

ただこれ、だいぶ昔の話なので、山田邦子がたまたまテレビでもう時効だろうとネタにして話したのがきっかけで大衆に話が広がったという事情です。

その後、離婚をしていないのでどうにかなったのは想像がつきますが、実際どうまとめたのかというと。

たけしが奥さんを浮気相手の家まで迎えに行ったそうです。

別に奥さんをすごく愛していて取り返しに・・とかではなく、ガッチガチのマザコンであるたけしが、母親である北野さきさんに、迎えに行けと叱られてのことでした。

北野さきさんは、非常に家庭を家族を大事にする人で、子供を守る覚悟は並々ならぬもので、昔話を聞くとそのすごさに驚きます。

たけしがガチのマザコンに変化がないのも、納得できるものがあります。

北野武が妻に浮気がバレて愛人を引っ越しさせた事情とは

まぁなんどもバレて、なんども叱られたりと、別にいつものことという感じの話題なのですが。

ここのところ取り沙汰されているのは、たけしがもう高齢になっていること、事務所の移動に伴う騒動で大きく取り上げられたことと、現在の愛人への贈与などが一緒になってニュースとなっているからのようです。

そもそも、2年ほど前に女性自身が文春に報道された愛人通称「A子」さん。

その存在について、たけしの奥さんのところへ突撃、取材したのがきっかけ。

それで奥さんが、たけしがその時に住まわせていたマンションから、自分の別の邸宅に移動させたのと、事務所独立という異例の事態に、新事務所の共同経営者がA子さんだということで、少し前のA子さんの引っ越しが話題になっているようです。

今回は、今までと違い本気なのでは?と言われているA子さん。

たけしとA子さんは食事会で知り合い、たけし相手でも物おじしないA子さんに入れあげて、「子どもを産んでくれ」「おれをみとってくれ」と言ったこともあるとか。

そうしたことで、たけしと本宅との距離がますます遠のき、A子さんの言うことにしか耳を貸さないたけしが事務所独立の道を選んだのがコトの真相である。

こういう報道もあるのですが、北野武大丈夫でしょうか?

テレビで『彼女』としてA子さんについて語り、『私に命をかけているって、テレビで言えって(彼女が)うるさいんだよ』

関西ローカルとはいえ、テレビで公然と愛人の存在を明かして周囲を驚かせていた

なんからしくないというか、操られているような、ボケてないといいんですが・・?

スポンサードリンク

そして最近出版した、自身初となる純愛小説。

本人もインタビューのなかで『自分のすべてをかけて誰かを大切にするってどういうことなのか、この小説で書きたかった。人生で一度だけ、こんな恋がしたいと思った』

そんな風に愛しあっているのに、テレビで言えとか事務所を抜けて自分と共同名義で新事務所設立しろとか迫るのか?ちょっとたけしの気持ちと実際の声が一致しない違和感が拭えないような。

高齢で気弱になっているのか、愛する母親を亡くした喪失感が埋められず足元が定まらないのでしょうか。

家に帰らないとはいえ、定期的に自宅に戻る、誕生日は一緒に食事をするなどの北野家ルールが昔からあったのは有名ですが、A子さんが愛人になって以来その約束も守られなくなっているようです。

ビートたけしの今の愛人の正体

<写真は現愛人であるAさん。持っているバッグ「エルメスバーキン」はたけしから>

2014年7月10日に週刊文春が報じたことで知られることになったAさん。

年齢は18歳年下で53歳。

彫りが深い顔立ちで伍代夏子に似ている顔、スタイルは抜群の外見で見た目年齢は40代前半とのこと。

顔写真は公開していないので、信憑性は定かではないのですが・・

関西のホテルの後方やイベントPRなどのアドバイザーという肩書らしい。

が、実際は

「関西の有名ホテルのスーパーバイザーの肩書を持ち、東京でホテル関係のパーティコーディネートなどの仕事をしています。若いころには銀座の高級クラブでホステスをしていたこともあると聞きました」(Aさんを知る人物)

あれ?なんか胡散臭く聞こえるのは気の所為でしょうか?

愛人との馴れ初めは

<写真はAさん=ゴンちゃん>

2012年頃に、Aさんの知り合いだった会社社長に、たけちゃんと飲んでるから来ないかと誘われ、その席に参加したのがきっかけ。

その席上で気に入られて、たけしに毎日のように誘われたそうです。

物おじせず、芸能人であろうが誰にでもズバッと言うチカさんの性格は、周囲に「殿」と呼ばれるたけしにとって、新鮮に映ったようだ。チカさんには同時期、年下の彼がいたようだが、迷うことなく、たけしに乗り換えたという。

彼女はたけしを「ダーリン」と呼んでいるそうです。

2012年ごろに酒席で知り合って以来、たけしは彼女への傾倒を強めていく。2015年9月、世田谷区の豪邸、通称「等々力ベース」の土地を夫婦共有から北野武名義に変更、建物も彼の名義になった。

等々力ベースへ引っ越し、たけし名義のポルシェももらい、売れない弟子がAさんの付き人として付いていたそうです。

たけし自身は殆どこのAさんと同棲状態でこのような報道もあります

女性と一緒になるために、妻の幹子さんに「全財産を渡す」と関係者に話したとも。

10億円以上といわれるたけしの年収は、これからAさんの新会社が管理する。たけしは、テレビで「T.Nゴン」の由来を<Tがたけし、Nは(次作の)小説の主人公の名前で、ゴンは自分が飼っている犬の名前>と説明したが、じつは、たけしが呼ぶAさんの愛称こそ「○○ゴン」なのだという。

 

北野武の子供からの絶縁状、井子や篤さんの反応は・・

内田裕也のように、家に帰らず離婚もしてもらえず、でも何か内田裕也がただ樹木希林に甘えて駄々をこねているだけの関係とは違うのでしょうか。

内田裕也と樹木希林は晩年には一緒に歩くこともあり、切れない絆のようなものを感じさせられ、たけし流の夫婦を感じさせてくれるのかなと思っていましたが・・。

子供である北野井子(歌手、女優)や篤さん(博報堂ケトル)は一連の父親を見てどう感じているのか。

「A子さんにのめりこんでいくたけしさんを、井子さんは『気持ち悪い』『顔も見たくない』と拒絶するようになりました。たけしさんの長男が再婚したときも、結婚式にたけしさんは呼ばれなかったと聞いています。井子さんは最終的に“絶縁状”を父親に手渡したそうです。幹子夫人と井子さんは一枚岩ですから、2人の思いは同じでしょう」(たけしの知人)

40年以上もたけしと家族の縁を切らず、事件を起こしたときにも見捨てなかった幹子夫人。

この独立、遺産などの騒動で幹子夫人に直撃した女性誌の記者にこう書かれています。

<写真は昔のビートたけしと幹子夫人との漫才でテレビ出演時のもの>

「ご主人はもういらないということですか?」と聞くと、彼女は間髪入れずにこう答えた。

「そんなことは言ってません。絶対に言ってませんからね?じゃあ、失礼します」記者にそう念押しするときびすを返した。

娘から絶縁状を突き付けられたたけし。
だが目を覚ましさえすれば、“帰る場所”はまだあるようだ。

老いらくの恋はかなり面倒くさいというか、純愛にのぼせがちだと昔から言われていますが、本当にそうなんだなぁー、たけしでさえも!と別の意味で感心した一連の報道です。

北野武はもう70歳。

でもまだ70歳です、人生100年の時代ですし、お金もあるたけしなら医療も妥協する必要はないでしょう。

もう70だと思って、未経験の世界「純愛」に憧れて、幻想の中で最後の人生をと思っているかも知れませんが、意外と長くて夢から覚める日が来るのかも?

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)